為替相場での円高とドル円

無料期間あり 人気ランキング

1位 為替無双 FXトレードのプロ集団がリアルタイムの裁量トレードをあなたの口座に反映させます。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

2位 平田和生 元メリルリンチ証券No.1セールストレーダーであり、シンガポール大手銀行、UOBアセットマネジメントジャパン社長、日本投資顧問業協会の副部会長などを歴任してきた、平田和生(ひらたかずお)先生が、株式投資の銘柄を、定期的にお届けするものとなっております。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

3位 FX-Jin 会社員からシンガポールのヘッジファンドに弟子入りし、帰国後、プロの機関投資家として、株式とオプション取引で連戦連勝を実現させてきた、次世代の投資業界を担う若き二人の天才。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

為替相場での円高とドル円について

1円に対して交換できる相手通貨の単位数が相対的に高いことを指すのが、円高といいます。

 

例えば、ドル円の為替レートが1ドル100円の場合と1ドル90円の場合では、1ドル90円の方を円高といいます。

 

どうして為替の額が少ないのに、円高という言い方をするのか不思議に思う人もいるかもしれませんね。

 

ですが同じ為替の円に対してドルをもっとたくさん得ることができるほうが円の価値としては高いいう意味なのです。ユーロやポンドなど、国や地域の数だけ米ドルの他にも通貨というものはあるものです。

 

ですが基軸通貨であるドルを中心に外国為替市場は動いているので、多くの場合為替を判断するときにはドル円を引き合いにするそうです。

 

ドル円が円高のほうが、海外旅行に行く場合には得をするのではないでしょうか?逆に海外から日本に旅行に来ている人にとっては、ドル円が円高だと買えるものが少なくなっています。

 

輸出面でいうと、国内の労働力などが円高になると他国に対して高くなり、競争力の低下の要因となりますが、海外からの購入においては得をするといえるでしょう。

 

ドル円の間の円高が2000年代に入ってからはサププライムローンやアメリカの財政問題などの要因となって進行し、かなり深刻な影響を受けているのが日本の製造業です。

 

円高によって悪影響があるのは、国内の輸出産業やその下請け会社、輸入品と競合している産業ではないでしょうか?円高不況とも為替相場のドル円の取引は言われているそうです。