ドル円の円高・円安要因とは?

無料期間あり 人気ランキング

1位 為替無双 FXトレードのプロ集団がリアルタイムの裁量トレードをあなたの口座に反映させます。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

2位 平田和生 元メリルリンチ証券No.1セールストレーダーであり、シンガポール大手銀行、UOBアセットマネジメントジャパン社長、日本投資顧問業協会の副部会長などを歴任してきた、平田和生(ひらたかずお)先生が、株式投資の銘柄を、定期的にお届けするものとなっております。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

3位 FX-Jin 会社員からシンガポールのヘッジファンドに弟子入りし、帰国後、プロの機関投資家として、株式とオプション取引で連戦連勝を実現させてきた、次世代の投資業界を担う若き二人の天才。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

ドル円の為替相場での円高・円安要因とは?

かつては1ドル360円の固定相場だったのが、米ドルと日本円の為替相場です。変動相場制というものになって、固定相場は今はなくなっています。

 

為替相場の変動は、基本的にその通貨の需要と供給を反映しています。

 

ドル売り、ドル買い、円売り、円買いはいつもたくさんの企業が行っていますが、多くトータルで円を売ってドルを買いたい人がいれば、ドルが高騰し円安状態になるでしょう。

 

為替レートが円高になると輸入でメリットがあり、輸出でメリットがあるのは円安になったときです。

 

どちらの状態が良いかといえば、極端な円高も円安も国家経済の立場から言うと良いとはいえないでしょう。

 

政府の介入という形で為替相場をある程度操作をすることが、ドル円が円高や円安に傾いたときにはあるといいます。

 

日本銀行の円買い介入や、通貨政策などが、政府の介入としてよく行われます。ドル円の為替変動は、政府介入のような政策的要因のほか、経済的要因や需給関係で変化します。

 

それぞれの国の雇用統計、物価、貿易収支、経済成長率などの情報が大事になってくるのが、ドル円の推移を読む場合です。

 

ドル円相場にはこのほかにもテロや戦争などがインパクトを与えることがあるようです。政情不安やテロがアメリカであれば弱まったのが、ドル円のドルです。

 

外国為替市場ではどこかの国で戦争が起こればドル高に動いていくのは、アメリカドルの需要が上がるからです。