外国為替取引における為替相場とは?

無料期間あり 人気ランキング

1位 為替無双 FXトレードのプロ集団がリアルタイムの裁量トレードをあなたの口座に反映させます。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

2位 平田和生 元メリルリンチ証券No.1セールストレーダーであり、シンガポール大手銀行、UOBアセットマネジメントジャパン社長、日本投資顧問業協会の副部会長などを歴任してきた、平田和生(ひらたかずお)先生が、株式投資の銘柄を、定期的にお届けするものとなっております。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

3位 FX-Jin 会社員からシンガポールのヘッジファンドに弟子入りし、帰国後、プロの機関投資家として、株式とオプション取引で連戦連勝を実現させてきた、次世代の投資業界を担う若き二人の天才。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

外国為替取引における為替相場とは?

外国為替取引での外貨の交換比率のことを為替相場といいます。通貨レートや為替レート、単にレートと呼ぶこともあります。

 

現在流通している貨幣は、各国の政府や中央銀行が発行し、その国内で使われています。

 

為替相場の比率が使われるのは、国外では使えない、あるいは使いづらい貨幣を相手国の通貨に交換しなければならない場合です。

 

現在では国境を越える取引をすることは、貿易や資本移動など頻繁にあるものです。非常に為替相場は自国の経済に作用するものだといえるでしょう。

 

日本では、1ドル100円という表記をしているのが、為替相場の表記です。外国通貨1単位に対して、自国の通貨がいくらかを決める考え方で、自国通貨建てといわれているものです。

 

新聞やテレビではこの書き方をよく目にするのではないでしょうか?円安になった、円高になったという言い方になるのは、相対的に日本円の価値が安いか高いかということに左右されるものです。

 

円の価値が高いことになるのはどちらか考えた場合、1ドル90円と、1ドル80円では1ドル80円のほうが円高です。

 

最初はよく理解できない人もいるのは、円の数字が減っているのに円高という表現になるからでしょう。

 

海外からの原材料や輸入品の価格が下がるため、為替相場が円高になると、物価が下がるなどの変化があるでしょう。