為替相場の変動

無料期間あり 人気ランキング

1位 為替無双 FXトレードのプロ集団がリアルタイムの裁量トレードをあなたの口座に反映させます。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

2位 平田和生 元メリルリンチ証券No.1セールストレーダーであり、シンガポール大手銀行、UOBアセットマネジメントジャパン社長、日本投資顧問業協会の副部会長などを歴任してきた、平田和生(ひらたかずお)先生が、株式投資の銘柄を、定期的にお届けするものとなっております。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

3位 FX-Jin 会社員からシンガポールのヘッジファンドに弟子入りし、帰国後、プロの機関投資家として、株式とオプション取引で連戦連勝を実現させてきた、次世代の投資業界を担う若き二人の天才。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

為替相場はどのような要因で変動するのでしょうか?

為替相場は、世界の通貨取引は変動相場制となっているので、どんどん動いているものです。為替の変動を利用して差益を得るという投資スタイルもあります。

 

為替相場は、どのような要因で変動するのでしょうか?いろいろと為替相場の変動には要因があります。その中に金利というものがあります。

 

資金が低金利通貨の国からは流出し、高金利通貨へ流入するというのが普通だそうで、これは投資を高金利通貨にした方がプラスになるからだそうです。

 

金利が高い国は、高金利通貨が短い期間においては上昇しやすいですが、長期的には価値が下がる傾向があるのは、インフレ率が高く、通貨価値が安定しないからでしょう。

 

為替相場を変動させる原因に、経済指標もなり得ます。GDP、財政収支、経常収支、失業率などの指標を指して経済指標といいます。

 

為替相場は、例えば日本国内の経常収支が増えると、円高に推移します。円は、収支が増加すると強くなるということです。

 

同様に、GDPの伸び率はその国の経済状態を示しますので、GDP成長で為替相場は左右されるのです。この他にも為替相場は急に起こる事件などでも推移していきます。

 

自然災害、戦争、政権交代などが起こった場合です。為替変動による利益を得ようとして、機関投資家や富裕層がばく大な資金を運用することで、かなりの影響が相場に出る場合もあるようです。

 

為替取引を優位にすすめるためにも、為替相場の変動要因をきちんと知っておくことが大切ではないでしょうか?

 

無料で自動売買を使う場合も、変動要因には注意をし、必要であれば、一時的に止めることも行いましょう。