為替チャートの読み方

無料期間あり 人気ランキング

1位 為替無双 FXトレードのプロ集団がリアルタイムの裁量トレードをあなたの口座に反映させます。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

2位 平田和生 元メリルリンチ証券No.1セールストレーダーであり、シンガポール大手銀行、UOBアセットマネジメントジャパン社長、日本投資顧問業協会の副部会長などを歴任してきた、平田和生(ひらたかずお)先生が、株式投資の銘柄を、定期的にお届けするものとなっております。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

3位 FX-Jin 会社員からシンガポールのヘッジファンドに弟子入りし、帰国後、プロの機関投資家として、株式とオプション取引で連戦連勝を実現させてきた、次世代の投資業界を担う若き二人の天才。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

為替チャートの読み方

まだFXを始めたばかりの人にとって、為替チャートの読み方は簡単ではありません。あらかじめ何も知識が無いような人は、初めて見たチャートをどう読み取っていいかはなかなか判断できないでしょう。

 

時間を区切って、為替の値動きの推移を為替チャートではグラフにしているといいます。一目でわかるように為替レートはどんなふうに推移したかを図に表しているので、読み方をマスターすれば非常に便利です。

 

始値・終値・高値・安値が示されているローソク足は、一般的な為替チャートだといえるでしょう。1つのローソクには胴体とヒゲと呼ばれる部分があり、相場の上がり下がりが一目でわかるように胴体は色分けされています。

 

ローソク足チャートにはさまざまなタイプがあり、期間によって違います。ローソクを為替チャートで書く場合、1日のレートで1本書くものと、週のレートで1本書くものと、1か月のレートで1本書くものがあり、それぞれ日足、週足、月足と呼ばれています。

 

何を使うかは自分がどんな投資をするかによって決まってきます。普通は日足チャートを基本とし、全体的な流れを知るために月足チャートを使います。1分足から5分足チャートを使うのは、チャートの動きを見てすぐに判断をしなければならないデイトレードです。

 

短期間の値動きをほとんど視野に入れなくても良いのは、長期投資の場合です。相場の転換期などには短期為替チャートの動きを踏まえておく必要があるでしょう。