為替の予測方法

無料期間あり 人気ランキング

1位 為替無双 FXトレードのプロ集団がリアルタイムの裁量トレードをあなたの口座に反映させます。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

2位 平田和生 元メリルリンチ証券No.1セールストレーダーであり、シンガポール大手銀行、UOBアセットマネジメントジャパン社長、日本投資顧問業協会の副部会長などを歴任してきた、平田和生(ひらたかずお)先生が、株式投資の銘柄を、定期的にお届けするものとなっております。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

3位 FX-Jin 会社員からシンガポールのヘッジファンドに弟子入りし、帰国後、プロの機関投資家として、株式とオプション取引で連戦連勝を実現させてきた、次世代の投資業界を担う若き二人の天才。【14日間無料】

>> 詳細はこちら <<

為替の予測方法

現在はFXで通貨の取引をしている人も多いわけですが、取引を行なう際には、これから為替がどのように動いていくか予測せねばなりません。上手に予測ができないなら、為替取引で利益を出すことはできません。

 

為替取引にまつわる予測を立てるのはかなり難しいわけですが、どうにかしてそれなりの予測を立てる方法はないでしょうか?ドル円レートが80円台となったような為替相場はドルが安すぎますし、130円台となったような場合ドルが高すぎると感じる人も多いと思います。

 

それでは、1ドル130円だと円安すぎると言われるのは何故か、誰にでも納得できるような答えを出せる人はいないのではないでしょうか?相場が高いか安いかを判断するには適正な水準を知らなければなりません。

 

為替の変動要因を分析するための為替相場決定理論によって、このような問題にきちんとした説明を行えます。基本的に、通貨の価値はその需要と供給の関係によって定まります。

 

為替相場決定理論とは、通貨の需給に関して、経済のファンダメンタルの面から実態を把握し予測を行なうものです。基礎的諸条件と呼ぶこともあるファンダメンタルは、経済活動の実態そのものを表したものです。

 

経済成長率、インフレ率、金利水準、国際収支、失業率などがそれに当たります。取引する通貨を発行している国家の経済力がどれだけあるかということを示します。経済のファンダメンタルを総合的に判断して為替予測を行うことが大切なのです。